原因に応じた治療|PMSに苦しんでいるなら|病院で改善できる

PMSに苦しんでいるなら|病院で改善できる

カップル

原因に応じた治療

男の人

無精子症は男性不妊症の一種です。精液中にまったく精子がみられない状態のことを無精子症といいます。一方、精子の数が少ない場合には乏精子症といいます。そして、精子の数に問題はないが、精子に正常な活動能力がみられない場合を精子無力症といいます。無精子症の場合であってもさまざまな治療方法があり、不妊治療の人の間で人気があります。治療にはまず、原因を明らかにすることから始めます。脳下垂体前葉や視床下部、精巣、精巣上体、精路、勃起障害、射精障害など、さまざまな検査を行います。そして、原因がわかった場合には、それに応じた治療を行います。精子の通り道をつくる手術や内視鏡手術、性腺刺激ホルモンを注射する薬物療法などがあります。

精巣炎または睾丸炎は、無精子症の原因になるため、注意が必要です。精巣炎には急性精巣炎と慢性精巣炎があります。急性精巣炎はおたふくかぜにともなって起こり、精巣が激しく痛み、赤く腫れます。一方、慢性精巣炎は精巣が少しずつ腫れますが、痛みや赤みはほとんどありません。多くの場合、炎症は左右どちらかの精巣だけに起こりますが、思春期以降に両側に精巣炎が起こると精巣が萎縮します。そのため、無精子症になります。この精巣炎を防ぐためには、おたふくかぜワクチンを接種して感染を予防することが大切です。また、おたふくかぜ以外にも、扁桃炎や蓄膿症などの病気にも注意します。これらの細菌やウイルス、寄生虫が原因となることもあるからです。

Copyright© 2016 PMSに苦しんでいるなら|病院で改善できる All Rights Reserved.