PMSに苦しんでいるなら|病院で改善できる

妊婦

生理前の辛い症状は治せる

ウーマン

生理前のつらい症状

PMSという症状を知っていますか。これは生理・月経前症候群と一般には言われています。健康な女性にとって生理はなくてはならないものですが、いざ毎月来るときには、決して楽なものではないでしょう。生理中はお腹が痛くなったり便秘や下痢に悩まされたり、浮腫みや頭痛といった症状になる人も多く、症状がひどい場合には学校や職場を休んだりしなくてはいけない女性もいます。もともと生理は病気ではありませんが、軽くすむ人と重い人の両方がいることは知られていました。世間でもそれはある程度は受け入れられていましたが、実は女性の体の症状は、生理中だけでなく生理前から起こっているのです。PMSの症状として多いのは、精神的にイライラして気分の変動が激しくなる、人当たりがきつくなる、身体がむくんだり異常に眠くなったりする、と言ったものがあります。しかしこれは人によって現れないこともあり、一概に人と比べることが出来ない、病気ではないから病院に相談することも出来ない、とつらい思いをしている女性も数多くいるのです。

診察から治療の流れ

そもそもPMSに悩む女性は、その症状が改善される可能性があるという事を知らない場合もあります。生理周期のなかで、女性の体調が変化することは当たり前のことなので、一時だけ我慢すれば症状は治まるから、と考えている人も多いのです。しかし生理は毎月来るものであり、それが何十年も続きます。1、2回程度生理前につらい症状があったという程度なら特に問題視する必要はありません。そのつらい症状が継続的に続くようなら、それは改善の余地があります。つらい状態をずっと続けていくのは、身体のためにも精神的にもよくないからです。PMSは婦人科や心療内科がある病院で診察が可能です。婦人科では主に低用量ピルを用いた治療法を使います。心療内科ではイライラなどをコントロールする抗うつ剤や抗不安剤を処方される場合が多いです。どちらの病院も、きちんと診察を受けて病気であると診断されれば、保険適用が認められますから医療費の負担も軽くなります。病院を受診する際には、基礎体温表や生理前の具体的な症状、月経日数などを詳しく医師に伝えることが出来るように準備しておきましょう。

妊娠し易い体に変える

整体

不妊で悩む人は不妊整体を受けると効果を得られる場合があります。骨盤や頭蓋骨を調整する事でホルモンバランスや自律神経を整え、妊娠し易い体質になります。吉祥寺駅周辺にはその様な施術が受けられる場所があるので、買い物のついでに利用する事ができます。

View Detail

不妊専門の病院

看護師

不妊治療専門病院を利用する人が多いのは、利用者の心理的負担が少ないのが大きな原因です。効果が高く、方法もバラエティーにとんでいます。医師との相性がよいクリニックを探すのが重要です。高度不妊治療は技術の高さもポイントとなります。

View Detail

原因に応じた治療

男の人

男性不妊症の一種である無精子症は、原因に合わせて治療を行います。精巣炎は無精子症の原因になるため、注意が必要です。おたふくかぜや扁桃炎、蓄膿症などの病気にかからないように、ワクチンを接種するなどして感染を予防します。

View Detail

Copyright© 2016 PMSに苦しんでいるなら|病院で改善できる All Rights Reserved.